AnchorS Training Academy

STCW条約基本訓練校

岡山県初の訓練校開講

受講対象者

  1. 内外航とわず船舶に乗り込み、その運航において安全又は汚染防止任務に携わるすべての船員

  2. 海技免状を有する船員

    (船舶職員及び小型船舶操縦者法 第7条)

  3. 航海当直部員の資格を
    有する船員

    (船員法 第117条の2)

  4. 危険物等取扱責任者の
    資格を有する船員

    (船員法 第117条の3)

STCW条約における基本訓練について

基本訓練は、船員と船舶の安全を確保するための重要な基礎訓練であり、国際海事機関(IMO)によって定められています。
海上で働く船員が船舶で業務を行う際に必要な基本的知識、技能、態度を身につけるための4つの項目からなり、特に「個々の生存技術」および「防火と消火」は知識や技能が維持されていることを確認するため、5年毎の訓練の受講が義務付けられています。
基本訓練は、船舶乗務員の最低限の資格要件の一部となっており、訓練を受けていない船員は船舶に乗務することができません。

講習概要

ATAでは、STCW条約に定められた基本訓練の内容を1日で終了させます。
講習の詳細は、開催案内からご確認ください。

【個々の生存技術】
(表A-6-1-1)

  1. 救命胴衣の着用
  2. イマーションスーツの着用と使用
  3. 高所から水中への安全な飛び込み
  4. 救命胴衣着用時における救命いかだの反転復正
  5. 救命胴衣を着用しての遊泳
  6. 救命胴衣非着用時の着衣遊泳
  7. 救命胴衣を着用して海中から救命筏への乗り込み
  8. 救命筏での初期行動
  9. シーアンカーの取扱い
  10. 救命艇及び救命筏の備品の取扱い
  11. 無線設備を含む位置を知らせる装置の操作
救命胴衣着用しての訓練の様子

【防火と消火】
(表A-6-1-2)

  1. 各種持ち運び式消火器の使用
  2. 自蔵式呼吸具の使用
  3. 小規模火災の消火
  4. 水による噴射及び噴射ノズルを用いた大規模火災の消火
  5. 泡、粉末又は他の適切な化学薬剤による消火
  6. 高発泡の泡が注入された区域への呼吸具を装着することなく命綱だけでの侵入
  7. 煙の充満した閉鎖区域における自蔵式呼吸具を着用しての消火
  8. 炎及び大量の煙の充満した居住区または模擬機関室内における消火
  9. 霧放射器及び噴射ノズルによる油火災の消火
  10. 煙の充満した居住区において自蔵式呼吸具を使用しての救助活動の実施
救命胴衣着用しての訓練の様子

講習料

講習種類 講習料
個々の生存技術
(表A-6-1-1)
55,000円(税込)
防火と消火
(表A-6-1-2)
66,000円(税込)

※英文の修了証明書の発行をご希望される場合、それぞれ「1,100円」が別途必要となります。

受講申込

ご希望の日程の「申込する」ボタンをクリックし、申込フォームよりお申込ください。
講習の詳細は、開催案内からご確認ください。
申し込み締め切り日を過ぎている場合は、電話にてお問合せ下さい。

講習日程 会場 申込締切 お申込
2024年11月11日(月) 備前市総合運動公園 温水プール 2024年11月6日(水)
申込する
2024年10月21日(月) 備前市総合運動公園 温水プール 2024年10月16日(水)
申込する
2024年10月7日(月) 備前市総合運動公園 温水プール 2024年10月2日(水)
申込する
2024年9月2日(月) 備前市総合運動公園 温水プール 2024年8月28日(水)
申込する
2024年7月22日(月) 備前市総合運動公園 温水プール 2024年7月17日(水)
申込する
2024年6月24日(月) 備前市総合運動公園 温水プール 2024年6月19日(水)
申込する
scroll

開催案内および必要書類

各種書類をダウンロードいただき、講習申込締切日までに提出してください。

  1. 開催案内

  2. 受講申込書

  3. 参加同意書

  4. 健康状態申告書

  5. 海技免状の写し

メール・郵送でのお申込みを
希望される場合

各種書類をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、講習申込締切日までに
❷〜❺の書類を以下の宛先へご送付くださいますようお願いいたします。

《 メール 》
info@anchorstraining.com

《 郵送 》
〒701-3202 岡山県備前市日生町寒河1439番地1 
株式会社 AnchorS 宛